ためしてガッテン

スウェーデン式歯磨き法はゆすがない?歯磨き粉は日本で買える?

2019年5月8日(水)の「ためしてガッテン」では、「国の虫歯率が大きく下がったスウェーデンの新・歯みがき法」の放送予定。

スウェーデンって、特別な歯磨きをしているのでしょうか? 気になるぅ~。という事で、調べてみました。

 

スポンサードリンク

【スウェーデン式歯磨き】水でゆすがない?

スウェーデン出身のクリストファーさん(27)は、フリーランスの仕事をしながら日本の大学に通っている勤勉な方。そんな彼にスウェーデンの歯みがき事情を聞いています。

●収入に関わらず、21歳まで歯の治療が無料

●医者から定期検診の手紙が届き、治療をしなくても済むような仕組みが整っている。

歯の矯正保険適用され、無料で治療が出来る。

管理人
管理人
私のかかりつけの歯科医も定期的に検診のはがきを送ってくれます(希望者のみ)

 

検診内容は、歯茎のチェック+クリーニング+フッ素の塗布で約3,000円。3ヶ月に一度ですね。

娘が歯の矯正中。

とりあえず終了までの固定費用80万、
都度の施術料、器具料…終わるまでに(3~4年と言われています)100万は下りません。

スウェーデン、羨ましい。。。

 

●学校では「フッ化物おばさん」と呼ばれる歯みがきの先生が、歯みがきの方法を教えてくれ、その後液体のフッ化物で口をゆすいでました。

管理人
管理人
息子が通う学校でもフッ化物洗口はあります(無料・希望者のみ)クラスで3人ぐらいが行っているそうです(少なっ^^;)

 

●歯みがきの後は、口をゆすぎません!

フッ化物を流したくないというのが理由。それと同じ理由で、歯をみがいた後は、30分は何も口にしません。

フッ素のはたらき

1.歯をつよくする(虫歯になりにくい、硬い歯にする)

2.歯を守る(歯の再石灰化を促進)

3.虫歯に抵抗する(抗菌作用)

引用:Ken歯科 http://www.kenshika.com/index.php?pgno=302

 

放送後の追記です。

スウェーデン式歯磨きのことをイエテボリ テクニック】という。

<ポイント1>
フッ素配合の歯みがき粉をたっぷりと使う(目安は2cm

<ポイント2>
歯全体に歯みがき粉が行き渡るように意識して2分程度歯みがきを行う

<ポイント3>
口の中の泡を吐き出したあと、口をゆすがない
ゆすぎたい場合は水を少量にして、回数も少なくする

<ポイント4>
歯みがきのあと、2時間飲食をしない(最低でも30分)

※ただし、イエテボリ テクニックの対象年齢は12歳以上です。
小さいお子さんにはオススメしていませんのでご注意ください。

引用:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190508/index.html

 

歯医者さんもツイートしてました。

【スウェーデン式歯磨き】フッ素は安全なの?

昔「フッ素を多量に摂ると骨がもろくなる」と聞いた事があって、でも世の中「フッ素は虫歯になりにくい!」の話ばかりで、メーカーに踊らされているのか?と思った事がありました。

フッ素の安全性に関して、ガッテンでは以下のように伝えています。

フッ素入りの歯みがき粉は、適切に使う事で虫歯予防に効果が得られることが広く理解されています。

その安全性については今回あらためて複数の専門家に確認を行った上で、番組でご紹介いたしました。

引用:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190508/index.html

 

色々な資料を見ても、それぞれに違う表現をしているので、私としては迷うところもありますが、何にしても「過剰摂取」には気をつけたいところです。

【スウェーデン式歯磨き】日本でも買える?

スウェーデンに限らず、日本以外の大人向けの歯みがき粉に含まれるフッ化物濃度のスタンダードは、1400~1450pppmf

虫歯のリスクが高い人には、フッ化物濃度5000ppmという高濃度の歯磨き粉が処方されることもあるとか。日本では取り扱いは出来ないそうです。

 

広島県福山市の「はなえみ歯科」の先生が、スウェーデン研修に行かれた時のブログに、スウェーデンで購入してきたグッズを紹介しています。

 ご興味のある方はこちら ⇒ はなえみ歯科ブログ

 

歯科医の先生が海外で購入するぐらいだから、日本じゃ入手できないよなぁ…と思っていましたら、

2017年3月に厚労省が医薬部外品でのフッ化物濃度上限基準を、海外同様の1500ppmに引き上げたそうで、

現在は数点のみのようですが、日本でもフッ化物濃度の高い歯磨き粉を購入する事ができるようになっています。

 

フッ素1450ppm(高濃度)配合の製品をピックアップしてみました!
(フッ素の含有量は商品の裏表示で確認できます)

 

 ⬆ こちらの商品は、私のかかりつけ歯科医で定期検診の時にプレゼントとしてくださいます。

なぜ、この商品なのか? ここで理解できました~(^^)

 

 

 

【スウェーデン式歯磨き】歯ブラシはマツコも絶賛!

 

 

 

 

 

こちらのTePeの歯ブラシがスウェーデンではメジャーで、歯間ブラシもあります。

頭が細くなってて、奥に入りやすそうですねぇ~!

マツコさんもお気に入りのようですし、ぜひ試してみたいお品です!!

 

【いちご】は虫歯予防に効果的?

ずいぶん昔にテレビで見たのを思い出したんですが、いちごを食後に食べると虫歯予防になるとか…。

という事で、本当のところを調べてみました。

 

答えは、  です。

 

歯科医 石川加奈子 さんのお話によると

イチゴは、虫歯予防に効果的なキシリトールが多く含まれているのでおすすめです。

北欧の小学校で、昼食後に子どもたちにイチゴを食べさせる習慣をつけたところ、歯科検診での虫歯の本数が減ったという報告も出ています。

キシリトールは野菜やくだものに含まれる天然の甘味成分で、歯の表面を溶かす酸をつくりださない糖。

ただ、一度にたくさん食べるとお腹がゆるくなる人もいるようなので、食後、練乳などの甘いものをかけずに適量のイチゴを食べるといいと思います」

 

引用:https://fytte.jp/healthcare/24724/

 

スポンサードリンク

まとめ

「ためしてガッテン」スウェーデンの歯磨き法は、

フッ素高濃度の歯磨き粉を使って、磨いたあとはゆすがない! 日本ではちょっと考えられないような歯磨き法でしたね!

いつもはちょっぴりの歯磨き粉をつけて磨いている私としては、まずはたっぷりつけることからチャレンジ。

そして「ゆすがない!」。 かなり勇気がいりそう ^^; 

大切な歯のために、少しずつ慣れていくことにします ^^

 

 

追記

こんな本を見つけました。

また違った視点からの「スウェーデン式歯みがき」について学べそうな予感です。

スポンサードリンク