お役立ち情報

【鼻血】のかんたん洗濯!おすすめ洗剤はコレ!【画像つき】

鼻血が出やすいお子さんをお持ちのお母さん!

時間が経過してカピカピに乾燥した鼻血がついた、シーツや枕を発見した時には、ショックですよねぇ!

今まで鼻血のお洗濯で悩んでいたあなたも、この記事を読めばスッキリ!

子供にも優しくなれますよ^^

スポンサードリンク

オキシクリーンには日本語表記の【中国製】と【アメリカ製】があった!

オキシクリーンをメルカリで購入した理由

鼻血が「オキシクリーンで簡単に落ちるよ」いう噂を聞き、ものは試し!と最初に購入したのは、メルカリでした。

理由は、いきなり通常サイズ(約5kg)を購入して、失敗したくなかったから。

 

メルカリには、たくさんのオキシクリーンが出品されています。

大きい箱をそのまま出品している方、100g単位でジップロックなどの袋に入れて出品している方もいます。

あまりに色々とあり過ぎて、どれを選んで良いのか迷います。

 

結果、私が選んだのはこちら。こちらは中サイズ、1.5kg入りです。

これに決めた理由は、使用方法が日本語で記載されていて、メモリが付いた計量スプーンが入っていたから。(ジップロックなどで小分けされていると、使用説明がないので不安だった)

 

オキシクリーン【中国製】を初めて使ってみた感想

一度使用してみた。ある程度は落ちたが、噂のように驚くほどスッキリ!とはいかず、なんとなーく腑に落ちない。

ということで、オキシクリーンについて調べてみた。

 

オキシクリーン日本語表記の【中国製】と【アメリカ製】の違いは?

オキシクリーンについて調べた結果、オキシクリーンには日本語表記の【中国製】アメリカ製】がある事が判明。

 

アメリカ製の物には洗剤成分が入っていて、それによって仕上がりの差は大きいとのこと。

 

日本語表記【中国製】

 

【アメリカ製】

 

【アメリカ製】界面活性剤

 

この青いつぶつぶが洗剤成分のようです。
日本語表記の方には入っておらず、真っ白な状態でした。

 

オキシクリーン【アメリカ製】効果はいかに?

鼻血シーツ 30分漬け

オキシクリーンを溶かした溶液に30分ほど漬けて、漬けておいた溶液と共に洗濯機に投入し、不足分の水を足し、通常モードで回す。

一番左の大きめの鼻血は、2.3日前のものです。


一番左の部分は若干残ってますが、まぁ、落ちた。手洗いなしで、ここまで落ちたらまぁいいかって感じ。

オキシクリーンを洗濯機で使用する時は、事前に洗濯槽をオキシクリーン漬けで洗浄しておくことをオススメします。

1週間程前に、市販の洗濯槽専用洗剤できれいにしたつもりでしたが、シーツと共に洗濯槽の汚れが浮いてきて驚きました。

 

シューズ 30分着け

息子の学校の上履き。

ぬるま湯に適当な量を溶かし、30分程つけておいて、靴用のブラシで擦ってみた。

表面を軽く擦っただけで、力を入れてゴシゴシせずにここまで落ちて驚き。

 

1ヶ月以上放置していた鼻血クッション 30分漬け。

こちらのクッションは、「冷感」とかいう 触れた時にひんやり感じるクッション。

購入したその翌朝には画像のような状態で、ショックで手をつけられず…大げさにいえば、2~3ヶ月は放置していたもの。

溶液に漬けた瞬間から、時間の経過と共にどんどん落ちていくの目に見えてが分かります。

洗濯機に、漬けていた溶液と共に入れ、手洗いモード。
すっかりきれいになって、うれしくなりました。


後に気づいたんですが、タグに「洗濯は不可」の表示 ^^;
生地がツルツルした感じのもので、それも落ちた要因の一つかもしれません。

タバコのヤニたっぷりカーテン 30分漬け(一瞬!?)

主人の部屋のカーテン、これには、驚きました!マジ一瞬です!!

カーテンを溶液に漬け込んでいく過程で、落ちていくのが目で確認できます。

まるで、海外のオーバーアクションのTVのショッピングの番組を見ているようでした。

正に使用前・使用後です!

その他に、ガス台の五徳、魚焼きグリル、オーブントースターの網の焦げにも試してみました。めちゃくちゃ楽に落ちました。

が、画像を用意する事を忘れておりましたので、次の機会にアップしようと思います。

オキシクリーン【アメリカ製】のまとめ

時間が経過したシーツ(綿素材)の鼻血では、あと一歩!という結果でしたが、他の汚れは驚くほど簡単にきれいになりました!

 

【アメリカ製】のオキシクリーン外装はヤバイ!

日本の製品ってきれいにパッケージされてて、保存する際の事も考えて作られている事がほとんどですよね。

それに慣れていると、それが普通になっているんですが、アメリカ製はやっぱりすごいですよ、期待を裏切りませんでした。

 

一応、切り取り線は付いていて、それをビリビリと切り離すとこんな状態で開封。

 

 

とりあえず保存の事を考えて、蓋が閉められるように凸凹がついてるんですが、その溝がちょっと浅い。

少し力を与えると、パクっと開いてしまいます。

 

蓋を開けてみるとこんな感じ。袋の素材がバリバリ系です。
ここまでは、まぁ…まぁ…。

 

粉が入っている袋を引っ張りだすと… 

私の想像ではありますが、箱にあらかじめセットさらている袋に粉を入れる際に(機械でやっているとは思うが)溢れた?飛散した?粉が、箱内に散らばっているという状態かと。

日本じゃありえない光景。

 

箱は英語表示ですが

 

一面のみ、日本語表示のシールがベタッと貼られているので、使用方法に迷う事はなさそう。

 

私は、最初に購入した中国製オキシクリーンが入っていた容器がちょうど良い大きさなので、それに移し替えて使用しています。

付属の計量スプーンの大きさもダイナミックに違います。
上中国製・下アメリカ製。

 

箱から洗剤の入った袋を外に取り出す時、箱自体を傾ける時など、箱と袋の隙間から粉が落ちて来る場合があります。

予め新聞紙のような受け皿になるものを用意して、作業するのがベストでしょう。

私の場合は、5kgの箱から1.5kgの容器に移し替えて使用しているのですが、その際に予想以上に粉が落ちて、床が粉っぽくなりました。

もし、この状態が日本だったら、即苦情の連絡が会社側に入るでしょうが、そこはアメリカ製。

「やっぱアメリカ製だから仕方ないか~」と思ってしまうところが、慣れってやつですかね?

 

オキシクリーン【スプレータイプ】発見!

楽天で、粉のオキシクリーンを探している時に、こんな物が目に入りました。
スプレータイプ。

 

物は試し!と購入してみました。

POPのシールがいかにも落ちそうな、感じがしますよね?

オキシクリーン【スプレータイプ】その効果は?

オキシクリーンスプレー、いつものように鼻血で実験。

今回は、どこに付いていたか分かるように、糸で目印をつけてみました。

少し濃度のある、とろっとした感じの液体です。

今回は、オキシクリーン【アメリカ製む】粉末と一緒に、通常モードで洗濯してみました。
糸の部分が鼻血部分でしたが、きれいに落ちました~!

 

 

これは強敵! この日の鼻血は、ベットパッド、マットレスまで染み込んでいました。

手をグーにしたぐらいのサイズです。

スプレーして、今回は市販の洗剤と一緒に洗濯機で通常モード。

みごと落ちました~!
目印をつけなかったのですが、多分この辺という場所です。

スポンサードリンク

総まとめ

手抜き母
手抜き母
鼻血のついた物を楽してきれいに落とすにはオキシクリーンスプレーを汚れた部分に直接スプレーし、

 

オキシクリーンアメリカ製粉末と共に洗濯機に放り込む。』この方法が一番楽でスッキリきれいに落ちますね。(溶液を作る手間なし)

もしかすると… 時間の経過した鼻血には、スプレーして揉み込んで時間をおけば、落ちるかもしれない…次回試してみよう!

スポンサードリンク