専門家

ミムラボ【オーダーメイド】値段はいくら?ふるさと納税で入手可能

大阪国際女子マラソンで松田瑞生さんが優勝し、話題になっている薄底シューズ。

このシューズの作成者は、テレビドラマ「陸王」に登場したカリスマシューフィッターのモデルとも言われている「ミムラボ M.Lab」の三村仁司さん。

三村仁司さんが携わるオーダーメイドのシューズのお値段はいくらなんだろう?

という事で調べてみました。

スポンサードリンク

ミムラボM.Labオーダーメイドの値段は?

2020年箱根駅伝で数々の選手が履いていた厚底シューズが話題になり、テレビでも特集が組まれていましたね。

ほどなくして、大阪国際女子マラソンで松田瑞生さんが優勝し、松田さんの履いていたのは話題の厚底シューズではなく、薄底シューズ

 

トップアスリートは、自分の足に合ったシューズを履いているはず。

調べてみると松田瑞生さんが履いていたシューズは、「ミムラボ M.Lab」の三村仁司さんが手掛けたシューズである事が分かりました。

一般の人もオーダーメイドでシューズを作ってもらっているとの情報もあったので、調べてみると…

2018年1月に三村さんとNew Balanceの間でグローバルパートナー契約を結び、オーダーシューズは実業団と学生のみ受付するようになったそうです。

それ以前にシューズを作られた方については、ソールの張り替えを期間限定でやっています。

ちなみに、その当時の個人のオーダーメイドシューズのお値段は、28,000円~

トップアスリートとなればもっと上がってくるでしょうね。

ミムラボオーダーメイドふるさと納税で入手可能!

ミムラボ M.Labの場所はこちら

〒675-0057
兵庫県加古川市東神吉町 1123-4
℡ 079-432-1236

ミムラボは、兵庫県加古川市にあります。

色々と調べていてびっくり!

ミムラボが加古川市のふるさと納税の返礼品となっています。

寄附金額が10万円15万円とあります。

何が違うのかというと

・10万円:電話でのカウンセリングでシューズを作成。

・15万円:足型を計測してシューズを作成、その人に合わせたトレーニング方法やアドバイスが受けられます。
(※交通費は寄附者様負担となります。)

どうしてもミムラボ M.Labのオーダーメイドシューズが欲しいという方は、ふるさと納税をするという手もありですね。

寄附金額がちょいとお高めですが…^^;

三村仁司のプロフィール

三村 仁司(みむら ひとし)
生年月日  1948年8月20日
出身地   兵庫県加古川市
出身校   兵庫県立飾磨工業高等学校

高校時代に長距離の選手で、マラソンは2時間28分台を記録していた三村さん。

高校を卒業後、走りやすいシューズ作りに携わろうと自宅から近いオニツカ(アシックス)に入社陸上も続けており毎日走って通勤をしていたそうです。

 

経 歴
  • 1966年
    オニツカ株式会社(現:アシックス)に入社
  • 1971年
    希望していた研究室に配属される
  • 1974年
    たった一人で別注シューズの製作を開始
    その後、社員と共にオリンピックを目指す選手をフォローしていく
  • 2002年2月
  • 2004年
    厚生労働省「現代の名工」表彰
  • 2006年
    黄綬褒章受章
  • 2009年
    シューズ工房「M.Lab(ミムラボ)」を設立
    アシックスを定年退職
  • 2010年1月
    アディダスジャパン㈱と専属アドバイザー契約
    2017年春に契約解消
  • 2018年1月
    ニューバランスの専属アドバイザーに就任

高橋尚子さん、有森裕子さん、野口みずきさんなどのシューズを手掛けた事で有名ですが、サッカー、テニス、バレーボール…などのシューズも手掛けています。

有森裕子さんがゴールした後にシューズにキスをしたのは、三村さんへの感謝の気持ちを表したものといわれています。

スポンサードリンク

まとめ

2020年東京オリンピックを控えた現在、厚底シューズが禁止になるかもしれないと報道がありました。

まだ決定はしていませんが、その結果によっては、三村さんが手掛けた薄底シューズが大活躍を見せる事になるでしょう!

楽しみですね ^^

スポンサードリンク