なりすまし資料請求被害

 

スポンサーリンク

ある日突然始まった「なりすまし資料請求」。第三者が私を装って、資料請求をする行為。
同じ体験をされている方もいらっしゃると思います。心境をお察し致します。

なんとか解決の糸口を見つけようと、ネット検索をしても「これだ!」という回答は見当たりません。縋る思いで警察に行ったところで、警察は事が起きないと動いてくれません。

この記事は、なりすまし資料請求が始まって約1ヶ月後から記載を始めました。随時追記していく予定です。
私と同じような辛い思いをされている方の、何かの手助けになれば…と思います。

なりすまし資料請求(嫌がらせ)の時系列

1日目 1通の封筒が届きました。
送り主「難民支援〇✖」 DMにしても、ちょっと違和感。送付元に記憶にはないが、取りあえず開封。「資料請求頂きましてありがとうございます」の手紙と振込用紙(会員登録用)、募金箱など多数。請求した覚えなし、不審に思う。
・資料 1通

2日目
・資料 1通 (葬儀関係)
・電話 2件 (違和感を感じ留守電に設定)
留守電を確認すると「資料請求頂きました〇✖です」
★この電話番号は、私が経営しているネットショップ専用の番号であり、その店舗以外には使用していないことから、そこから情報を得て、資料請求をしていると考えられる。
嫌がらせか? それとも、通り魔的なアフィリエイト収入を目的とした資料請求か?

3日目 
・資料 29通 宅配便で届く 生命保険
ある比較サイトから1つの梱包で29通の生命保険の資料が届く。49歳で見積もりがとられていた。気分が悪い。
・訪問 食品宅配業者
ネットでの資料請求にてサンプル品のお届けですと。資料請求内容の印刷物を持っていたので、コピーさせて頂く。
請求者のアドレス→どう見ても不審な並びのアドレス
電話番号→上記の番号と一致

4日目
・資料 5通 お墓(墓石)・霊園・葬儀

5日目
・資料 5通 霊園・墓地
なりすまし資料請求、それにしてもその内容のたちが悪い。
同様の事があった時、世の中の人はどう行動しているのか、対策はないのかネットで調べてみる。

6日目
・資料 6通 老人ホーム・火災保険・大学の生協
・電話 4件
精神的に参ってきたので、警察に相談に行く→やはり警察はあてにならなので、個人で動く

7日目
・資料 1通 生命保険
・電話 1件
・訪問 1件 共済
家の前の道路を車が通過したり、ただの通行人、宅配、郵便の配達…とにかく人影が気になるようになる。ストレスでしかない。

8日目
・資料 1通
・電話 1件

9日目
・電話 1件

10日目
・電話 2件
うち1件は「海外からお電話してます。〇✖教の…」完全に日本人からの留守電。

11日目
・電話 1件

12日目
・資料 1通

13日目
・資料 1通 〇✖法人

14日目
・資料 1通 食材の宅配業者

15日目
・電話 1件

16日目
・訪問 1件 宗教関係

: 収束か?と思いきや

22日目(金曜日午後7時代に電話集中)
・電話 5件 不動産関係(留守電には、本日ネットよりご連絡頂きました…)
また作業再開したのか…ため息。

23日目
・電話 5件 住宅系 ハウスメーカー

24日目
・電話 3件 
・訪問 1件 ハウスメーカー
来られたハウスメーカーさんに事情を話す。請求時のコピーを持ってたので見せて頂くと、以前と違うアドレスを使用。ハウスメーカーさんいわく、ネット上のハウスメーカーがまとまって表示されていサイトからの申込みですと。

25日目
・電話 2件 生命保険・老人ホーム

26日目
・資料 1通 住宅

27日目
・資料 1通 住宅

28日目 
・資料 5通 住宅
・電話 2件 住宅

29日目 
・資料 1通 ○☓十字
・電話 2件 住宅

30日目 
・資料 1通 老人ホーム
・電話 1件

31日目 
・電話 3件
・訪問 1件 住宅

32日目
・電話 1件

33日目
・電話 2件

34日目
・電話 1件

35、36日目 なし

37日目
・資料 1通 老人ホーム

38日目
・電話 3件

39、40日目 なし

41日目
・資料 1通

42日目
・資料 1通
・電話 3件

43~49日目 なし

50日目
・電話 2件 宗教

51日目
・訪問 1件 住宅

52日目
・電話 1件
・訪問 1件 宗教

75日~90日目
電話がチラホラ入るぐらいになりました。

半年後
たまーに電話が入りますが、番号は繰り返しかけてくる同じ会社のものです。
収束かなぁ…と考えます。

 

捨ててしまおうか、返送しようか迷っていましたが、取りあえず画像を残す事にしました。

 

スポンサーリンク

 

ネットで、なりすまし資料請求について調べてみた。

・なりすまし資料請求についての詳細な情報は少ないことが分かった。

・弁護士が答えるQ&Aサイト → 「警察に行ってください」との指示。

警察に相談

心身共に疲れたので、どうにもならないとは思いましたが、届いた資料を持って警察の生活安全課へ。

わたし
わたし
こーで、あーで、そーで…状況を説明

警察官の口から最初に出た言葉が…

警察官
警察官
ネットショップで、何かトラブルがあったんでしょ?

頭からそう決めつけてかかるのってどうよ?
→ 過去ネットショップを経営していて、トラブルは全くない。

警察官
警察官
ネットショップって、メルカリみたいなもの?

ショップとフリマの違いも分からない。

 

わたし
わたし
それぞれの資料請求は、ネット上でされている。
IPアドレスを辿れば
嫌がらせをしている当人が判定できる。
IPアドレスを辿って調べてもらえますか?

警察官
警察官
IPアドレス…?…

IPアドレスという言葉の意味が分からない。

 

警察官
警察官
そこまでは…
色々と立て込んでますんで…

忙しいからそんな事はやってられない?

 

わたし
わたし
じゃあ、私が個人的に調べてもいいですか?

警察官
警察官
それは構いません。

その他、ネット上の話をしたが、警察は全くチンプンカンプンの様子。
それを時間をかけて1から説明するが、理解はしていない様子。
正直、警察の態度と知識の無さにムカついたのでいってやりました。

わたし
わたし
警察はあてにはしていません!
ただ、何かが起こってからでは遅いので、ここに来た事だけは承知してください!

警察官
警察官
何か進捗があったら連絡ください。

とは言われたが、その状況で心から素直に「はい」とは言えなかった。

自分で行動するしかない。IPアドレスを調べる。

追跡① 大手企業なら協力してくれるかも?

資料を送付してきた中の大手比較サイトなら、なんとかしてくれるのでは?
と考え、電話を入れて状況を説明する。
担当者の方は、こちらの心境を察してくださいました。

感謝致します。

担当者のお話では
その月は全体的に見ても、異常に資料請求が多かったとのこと。

私になりすまして資料請求をしている人物は、数回に渡って資料請求をしている状況。

IPアドレスについては、どんな理由があっても個人情報につき教えられないが
警察から「捜査関係事項照会書」を出してもらえば開示はできる。

 

警察にもう一度行き「捜査関係事項照会書」をお願いする。

再び警察に行き、受付にて生活安全課の担当者をお願いすると
内線で「どんなごようですか?」と。

数時間前に来てあれだけ話をして、「何か進捗がありましたら教えてください」といいながら、内線で「どんなごようですか?」とは…怒りしか出てこない。

怒りを抑えながら、書類をお願いしたところ、
その書類をそのサイトに出して開示されたとしても、そのIPアドレスを私に教える事は出来ないし、それ以前に、IPアドレスが分かったとか分からないとか…、とにかく警察の進捗状況さえも私に伝えられないと。

……?…… 「捜査関係事項照会書」 意味ね―じゃん!

追跡② 中小企業の方が協力してくれる可能性あり?

大手だからこそガードが固い。
もちろん、それは正しいこと。

で、思った。

中小企業なら、なんとかなるのではないだろうか?

数社に電話をし、状況を伝え、警察に届けている事を伝えると、あっさり教えてくれた。

結果分かった事は、
・使用しているアドレスは複数あり。
・MacOS
最終IPアドレス
・アドレスは違っても、最終IPアドレスは同じ。

IPアドレス追跡結果

入手したIPアドレスで検索してみると…

送信元は、ヨーロッパ。

以前、どこかで聞いたことを思い出した。
送信者の足がつかないように、
いくつかの国を経由させて送信することが出来るということ。
そして、届いた先には「最終アドレス」しか残らないこと。

ネットでそれに関する事を調べてみると、すぐに見つかりました。

メールをいくつかの国を転々とさせてから、届け先に送るソフト(アプリ)。

一概にそれを使っているとはいえないが、こんなに簡単にそういった物が手に入ることに、憤りを感じました。

それと、スマホをいじっていて偶然見つけたのですが、IPアドレス(国)を選択する機能が付いたスマホアプリがありました。

個人情報を守るという意味では、IPアドレスを変えるというアプリは有効ですが、逆に悪用を思いつく人もいる可能性があるということ。

同業者(ネットショップ経営者)にも相談してみた

経験の多い同業者に相談してみました。

単に嫌がらせというのもありだけど
・ASP経由でアフィリ収入を得る為
・ポイントサイトでポイントを得て小遣い稼ぎをする為
他人の名前を使って、そういう行為をする人がいるとか。

いくつかのASPで、資料発送元が広告を出していないか確認。
→ 数社だが広告が見受けられた。

いくつかのポイントサイトで確認。
→ アドレスだけで登録可能というサイトがいくつもあった。

アドレスは送信者のもの、資料請求送付先は私のところ。
ポイントだけが送信者のところに貯まり、それを還元して使用する。そんな事も可能な状態。

そして「ポイントサイトでお小遣い稼ぎ」を推奨するサイトも沢山ある。

正しく使用するなら、とても良いお小遣いにはなるだろうが、
それを悪用する事も可能な状態。

なりすまし資料請求による被害報告が多いせいか、一部の広告主は、資料請求の申し込みがあった場合、「電話連絡で確認が取れた方のみに資料を送付しています」との記載されているところもあった。

まとめ

警察は、あてにならない! 
でも、届けだけは(相談だけは)しておきましょう。

正直、生命保険・墓石・葬儀・霊園…の資料が毎日のように届いた時は、ストレスで押しつぶされそうになりました。

でも、そのままでいては、何も変わりません。

頑張って自ら行動することで、自分の気持も変化してきますし、色々な情報が集まってきます。

私の場合、現状は何も変わりませんでしたが、やることはやったという事が力となって、気持ちを前向きにする事ができました。

 

ネットショップを経営しているので、「特定商取引法にもとづく表記」は不可欠で、
住所・電話番号・責任者を記載しなくてはいけませんが
・住所をバーチャルオフィスにする
・電話番号をIP番号にする
などの対策も可能です。

私の場合は、ネット上に古物商の表記をしております。
警察の公安委員会より連絡があり、「古物商登録の住所(自宅兼事務所)を、ネット上に記載してください」と通達が来て、バーチャルオフィスでの住所登録は、不可能な状態になっておりました。

最後に

「なりすまし資料請求」をしている方にお願いです。
それだけの頭の良さがあれば、こんな小さな事に時間をかけているのは、時間がもったいないです。少し角度を変えれば、大きなプラスの変化が見えてくると思います。他人に迷惑をかけず、真っ当な作業をしてください。

 

そして、同じような被害に合われている方。
あまり役に立つ事はありませんが、一応警察に届けてみてください。問い合わせの時、訪問者が来た時など、「警察に届けてます」と伝えると、物事がスムーズにすすみます。それぐらいの役には立ちます。

 

最後に地方の警察の方。
ネット上の事に関して、もっと勉強をされてください。生活安全課なら尚更です。
そして、まだ実被害がなかったとしても、もう少し、何か対策を考えてください。
もう少し、寄り添う気持ちを見せてください。
ちなみに現在、警察に届けてから90日以上を経過しておりますが、「何か進捗はありませんか?変化はありませんか?」のひとことの連絡もありません。その程度にしか受け止めていないからだと思いますが…。何かあってからでは、遅いんです!

 

◆追記◆
警察に相談してから半年が経ちました。
その間、警察からは「おかわりありませんか?」の連絡ひとつありません。
…そんなものです。

スポンサーリンク